計画的な脱毛を考える

むだ毛に困っている方は多いと思います。特に女性の方はほとんどの方がお悩みなのではないでしょうか。さらに深刻にいろいろ悩んでしまっている方も多いとは思いますが、今回は自分で行う方法を考えてみたいと思います。まずちょっと考えてみましょう。脱毛したい箇所についてです。ただ単純に毛抜きで引っ張ると痛みがあるだけでなく、その周辺の皮膚も痛めてしまうことにもなります。あなたがイメージした箇所は耐えることができるでしょうか。

 

誰もが皮膚を痛めたくないのは当然ですね。その場合、大きく分けて2種類の選択肢があります。一つは脱毛クリーム、もう一つはレーザーです。では最初にクリームについて考えてみましょう。クリームは簡単に除去することができます。単純に塗るだけです。塗ってしばらくすると、むだ毛が溶けるので、それを洗い流すだけです。これだけを考えるといいところだけかと思いますが、実はデメリットもあります。毎回行わなければならない点と、少しずつ濃くなっていってしまうリスクがあると言うことです。そしてむだ毛が生えてくる根本的な対策にはならないと言うことです。それではレーザーについて考えてみましょう。

 

こちらはむだ毛の根本を解決してくれます。徐々に薄く、生えなくすることを目的として作られているからです。作業自体は簡単ですが、期間を要します。今日明日のうちには解決することはないでしょう。では他のデメリットはどうでしょう。痛みの不安や怖さがある方が多いのではないでしょうか。実はレーザーは痛みはほとんどありません。極端におかしな使い方をしない限り怪我をすることもないのです。ただし使用注意をしっかりと読んで、過度にやりすぎないようにすることが大切です。強いレーザーを繰り返し当てすぎると火傷につながることもあるそうです。急場をしのぐクリームと時間をかけてゆっくり対策するレーザーを、計画的に使ういわけるのもいいのではないでしょうか。

 

ミュゼ高松店・・・高松で脱毛エステをお探しならミュゼが最適です。詳しい内容が記載されているので要チェック!

脱毛症にはスイカがおすすめ

皆さんの中で、脱毛症で悩んでいる人はいますか。頭皮の薄さに悩まれている方におすすめの食材として、スイカがあります。なぜスイカがいいのかというと、そもそも脱毛の原因となるのは、血液の状態だからです。高カロリー食に偏った食事や、運動不足などは、ドロドロの血液状態になります。そうすると、頭皮の毛細血管に血液が行き渡らなくなり、発毛が阻害され脱毛が促進されるのです。スイカに含まれるシトルリンという成分は、体内の老廃物や、有害物質などを体外に出してくれる利尿作用が挙げられますが、実は血流を良くするという効果があるのです。

 

シトルリンは体内で一酸化窒素を産み出すのですが、これにより、血管が拡張し血流促進効果があります。よって、薄毛の改善にも役立つそうです。ただし、シトルリンは副作用も無い分、即効性はありません。長期間に渡って摂リ続けて、徐々に体質改善をしていくのが効果的です。スイカの効果的な摂り方は、一日800から1200mgを目安に摂取すると良いです。スイカの実というのは、100gあたり180mg含まれているので、実だけで摂取しようと思えば、大玉スイカ1/7個程度を食べればいい計算になります。そんなに食べれないという人には、スイカの皮を食べてもいいです。

 

スイカの皮には、シトルリンが実の倍量含まれているのです。しかし、スイカの皮というと、どうやっておいしく食べればいいのかと悩んでしまいます。ここでは、スイカの皮の料理を紹介していきます。スイカとお肉の炒め物です。材料は、すいかの皮1/8切れ分、豚肉100g、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ3、酒大さじ3を用意してください。作り方は、まずスイカの皮を細めの短冊切りにします。次に、フライパンを温めて、ごま油を熱してから豚肉とスイカの皮を入れて炒めます。火が通ったら、調味料を全て入れて煮詰めていってとろりとしたら出来上がりです。参考にしてください。