脱毛に悪い生活習慣とは

皆さんの中で、髪の抜け毛に悩まれている人はいますか。このような髪の脱毛には、髪の頭皮環境がよくないことが原因として考えられます。頭皮というのは、そもそも健康な髪の毛を成長させるために大切な土壌といえます。その土壌の環境がよくなければ、栄養が髪に行き渡らず、枝毛や抜け毛が増えてしまうのです。ここでは、頭皮環境を破壊する生活習慣とその対策をお教えします。脱毛で悩まれている人は参考にしてください。

 

まずは、シャンプーがあっていないことが考えられます。最近は、低刺激のものや、真菌の繁殖をおさえるものなど多種多様に売られ、自分の体質にあったものを選んで買える時代です。いろいろなシャンプーが発売されていますので、一度、見直してみるのも良いでしょう。そして、また髪の洗い方が間違っていることも原因となります。よくやってしまうのは、かゆいところをゴシゴシと力いっぱい洗ってしまうことです。このようなことをすれば、頭皮が傷ついてしまいます。対策としては、洗い方は指の腹で優しく洗うようにしましょう。特に前頭部や頭頂部は特に皮脂が多く、後頭部や耳の上など汚れが残りやすい部分は念入りに洗ってください。

 

髪の毛の汚れはゴシゴシやらなくても、基本的な汚れやニオイは落としてくれるものです。ですから、髪をこするのもなるべく避けるようにしましょう。そして大切なのは、すすぎです。頭皮の毛穴につまり悪影響あたえることがあるので、しっかりとぬるま湯で力を入れずやさしく洗います。また、若い人に多いのが、カラーリング液やワックスなどヘアケア製品による頭皮の刺激です。これも頭皮環境を悪化させます。ヘアケア剤やワックスなどの整髪料が完全に洗い流せず、頭皮に残ることで炎症をおこしたり、整髪料自体が肌に合っていなくて頭皮がかぶれてしまうからで。対策としては、ヘアケア剤やワックスを使ってかゆみが気になりはじめたら、かゆみが落ち着くまでは出来るだけ使用を避けるようにしましょう。